アメリカ企業の台湾投資に久鼎機械の炭酸カルシウム自動計量全工場設備を採用

炭酸カルシウムは各タイプのラバー、プラスチック、ラバー・プラスチック製発砲スチロール、電線ケーブル、タイヤ、高級自動車のコーティング、ペンキ、インクなどの製品に幅広く使用されており、製品の物性と強度を増加させ、またコストを低減させられます。この材料は産業にて最もホットであり続けています。

アメリカ企業が台湾の桃園幼獅工場区の顧客と提携し、高生産量の全自動設備と製品をアメリカに供給することを目標としていました。顧客は優れたサプライヤーを探し続け、2015年に縁あって久鼎機械を探し出すこととなりました。

 採算ラインの設立完了後、優れた設備は24時間運転で機器が停止することなく、顧客にきわめて大量の生産量を提供し、全自動生産ラインにより人的な使用コストを低減させました。

 顧客は全設備に非常に満足し、2018年には新たな設備の設置を予定しており、今後のサービスも久鼎が全行程担当することとなりました。