久鼎の歴史

当社は豊富でプロフェッショナルな技術開発リソースと能力を擁しています。当社は製品の品質に対しこだわりを持ち徹底的に実施しています。すべての従業員は厳格でプロフェッショナルな訓練を受けており、品質への保証に責任を持つよう期待されています。

1988

プラスチック造粒工業に身を投じる。起業の志を始終堅持する。

創業者は18歳のときにプラスチック機械の製造工場に入った。元々は台中にあるプラスチック機械製造工場の工場長だった。1200台以上の機械は劉さんの手によって作られた。

2004

久鼎機械股份有限公司設立

久鼎を成立し、480台以上の機台を組み立てた。お客さまは全球にある。それに久鼎の製品とサービスに満足している。

geording_2004_plasticrecyclingmachinemanufacturer

2006

押出機の製造メーカーの信頼を受ける

オーストリアの会社の肯定を受けて、175mmと1噸産量以上の機台を組み立てた。

2006

日本代々の原料供給ブランドより信頼を受ける

日本の会社の肯定を受けられて、三機一体押出機を2セット買った。

2007

顧客の最大の懸念事項-水洗いした材料の乾燥問題を解決

スクリュー絞り機を開発して、お客さまが一番困っていた原料乾燥についての問題を解決した。

2010

日本工業と提携

日本の会社協力していて、モノフィラント製造機を16セット販売した。

2012

日本のトップ500社と提携パートナーとなる

日本のトップ500社と協力して、久鼎は20台以上の分条機と押出機を生産しました。

2013

日本での独占販売代理

日本興業とスクリューラビング機の日本での独占販売代理店契約を締結。

2015

旋転式油圧スクリーンチェンジャー開発した。

2016

久鼎の名前はGEORDING転換して、新商標に転換した。

geording_2004_plasticrecyclingmachinemanufacturer

2016

久鼎機械股份有限公司は工場を台中市大甲区幼獅工業区に移転

2017

設備の多角的は開発に向けて、研究開発を持続し、より高い経済価値と高生産能力のある設備を創造している