世界的なトップ100の紙業会社が久鼎RDF全工場生産ライン計画を導入

 

全世界でトップ100に入る会社であり、台湾で最大規模の工業用紙と紙器会社が、久鼎のRDFターンキーソリューションで6本の生産ラインを導入しました。

久鼎の計画した全自動化設備は、高い効率のフロー、生産のRDF製品で顧客のエネルギー生産の実績を向上させました。節電量は1万度に達し、温室ガスの減少数はCo2 e 1000トンに達しました。産業廃棄物は破砕、選別、乾燥、成形などの処理プロセスにより、固体型燃料へと成形されました。RDF-5 は主に大きさと発熱値が均一(石炭の約2/3)、輸送と保管が容易、利用しやすいといった特徴があります。顧客の紙業工場の発電ボイラーを主要な燃料として利用しています。

久鼎のRDF-5を製造する生産ラインは顧客に廃棄原料から高い経済価値のあるRDF-5 燃料棒を生産することで、非常に高いエネルギー価値を獲得しています。

We use cookies to ensure you the best experience on our website. When you browse the website you agree to our use of cookies. Learn more